50代の独身男性が結婚相手を海外に求める流れがきている。
最近では年間4組以上の国際結婚カップルが誕生していて、今や珍しくない状況にあります。

しかし外国に対してまだまだクローズ的な日本人にとっては勇気のいる行動であることも事実です。

そこで国際結婚を考えている方に幾つかの疑問を解消するポイントを書いてみたいと思います。

ちなみに私は以前大手の結婚相談所で10年近く勤務し国際結婚にも携わってきました。
今はその経験から国際結婚を希望する男性のサポートを行っています。

まず国際結婚で大事なことはそのサービスが「安全」であるかどうかです。
紹介を受ける業者に安心してお願いできるかどうか、これは重要です。

例えば女性会員は、どうやって集めているか、現地にオフィスがありそこで募集し、「カウンセリング」「入会」、そして「ご紹介」までを行っている所は安心ですね。身元が確実な女性のみの紹介ということになります。

実際に私が提携している国際結婚サービス業者も自社会員と現地の日本企業オフィスの会員さんを紹介しています。

業者といえば国際結婚には婚姻の際書類手続きやビザの申請が必要になります。
これは自分ではできないので行政書士の仕事になります。

国際結婚に精通している専任の行政書士を雇っているかどうかも重要です。
ビザの申請には時間もかかりますのでここもポイントになります。

次回は他のポイントについて書いていきます。